バイアグラは糖尿病だと使えない!

バイアグラの体への悪影響

バイアグラの体への悪影響

バイアグラを服用することで、精子への悪影響はないのかという意見が聞かれることがあります。妊娠や出産は夫婦ならほとんどの方が真剣に考えていることだと思います。

 

ED治療をする原因にも妊娠が理由と答える人も多く、若いED患者さんも増えてきています。

 

バイアグラの精子への影響ですが、これはまだ長期間の臨床試験が終わっていないので、確実なことは言えませんが、使用上の注意をきちんと守って、バイアグラを服用していれば影響はないものだと考えられています。

 

ただそれ以外に、バイアグラの体に及ぼす悪影響として、1998年の7月に日本でもバイアグラ使用者の死亡例が出ています。

 

また、バイアグラの服用して副作用を感じた時には、とにかく近くの病院に駆け込むようにしてください。この時に大切なことは症状だけを訴えるのではなく、バイアグラを服用為している子をときちんと医師に伝えるようにしましょう。

 

バイアグラの服用して性行為をしている最中に、頑張りすぎてしまい、狭心症の発作を起こして病院に運ばれてしまった患者さんに、医師がバイアグラ使用の事実を知らずに狭心症の治療薬であるニトログリセリンを投与してしまうと、容体が急激に悪化し、最悪の場合は死亡してしまうことがあります。

 

バイアグラを服用して一度でも気分が悪くなることがあったのなら、あなたはバイアグラに合う体質ではないということになります。その時には、バイアグラ以外にもしアリスやレビトラやザイデナなどのED治療薬も販売されているので、そちらのほうを使用することをお勧めします。