バイアグラは糖尿病だと使えない!

細血管障害と糖尿病

細血管障害と糖尿病

細血管障害と言うのは、糖尿病特有のもので、糖尿病の3台合併症と言われる病変は、すべてこの細血管障害によって引き起こされているのです。糖尿病性の際血管障害が生じてくる目かに図鵜は、発症する臓器によって微妙に異なりますが、糖尿病研究の中心的なテーマの一つとなっている点です。

 

したがって不明な部分も多いのですが、少なくともはっきり言えることは、厳密に血糖値のコントロールを行えば、こうした合併症を防ぐことができるということです。

 

勃起機能という観点からも、この際血管障害は極めて重要です。海綿体に血液を供給する際血管はもちろん、海綿体洞そのものが内皮細胞菜では開始、しかもしれだけで飽き足らず、性的興奮を伝え勃起の引き金を引く末梢神経を持胃壊滅状態に追い込むのです。

 

ペニスにとって、糖尿病はまさに天敵です。実際、糖尿病男性の40パーセントから60パーセントに自覚的な勃起障害が確認されました。勃起障害機能検査では、約6割が完全な勃起不全だったという報告もあります。

 

逆に器質的要因がもとで勃起障害を訴える患者の中で、その原因として最も多いのが糖尿病で、約35パーセントにも上るとも言われています。